引っ越し 単身 料金

引っ越し 単身 料金

引越しで単身プランを検討中の方へ!
元引越し業者の管理人がオススメの単身引越し業者を紹介します。

 

また引越し業界を退社後は、何度も、何社も利用して単身引越しを実施していますので、その経験を元に単身パックのランキングや料金を安くするコツを紹介します!

 

⇒スグに複数社の見積もりを取りたい方はココ

 

最初は、業者選びのポイントになる「単身引越し」用のプランのご説明からしていこうと思います。

 

私の独断と偏見(笑)!単身プランランキング~

今ではどんな引越し業者にも「単身引越し」用のプランが設けられているぐらい、単身引越しの件数は増加傾向にあるらしいです。
かくいう僕もこの単身引越しプランには大変お世話になっています。

 

アート引越センター
アート引越センターの単身パックは『学割パック』や60歳以上の方がお得になる『シニアパック』女性スタッフだけで引越し作業をやってくれるという安心の『レディースパック』など、様々なコースが用意されています。

僕のような転勤族にも優しいパックが新設されると嬉しいのですが、パックが適用される方はぜひチェックしてみてください。
『学割パック』の場合、なんとカーテンをプレゼントしてくれるので、新居でのカーテンを買わなくて済むんですよ。結構嬉しいポイントです。
梱包資材も、専用の反復資材を無料レンタル出来るので料金を抑える事が出来るのもオススメポイントです!

荷物の容量制限 移動距離制限 おすすめ度
制限無し(専用BOXを使わない) 特に制限無し 引っ越し 単身 料金

 

アート引越センターなら、どこまで引越し作業を業者にやってもらうか選ぶ事ができるので、料金を抑えたければ基本プラン選択すればOK!
基本プランでも、ちゃんと家具の梱包や運び出し、部屋で作業中ぶつけて傷を付けないように養生したり、新居での家具の設置、梱包資材の回収と、家具移動のサービス、ここまでやってくれるので安心です。
『ハーフコース』は、基本プランに+荷造りまでお願い出来るコース。
『フルコース』は、基本プラン+荷造り+荷解き+片付け。ほんとにお任せ出来るコースですね。

 

移動距離も、市内区内の近距離も対応してくれますし、長距離だって大丈夫です。
一人暮らしだとついついおざなりになってしまいがちなご近所さんへのご挨拶、これもアート引越センターがやってくれるんですよ!
引越し作業のご挨拶と一緒に、「よろしくお願いします」とメッセージが入ったティッシュボックスを配ってくれるんです。

 

そして僕のような独り者の男にはすごく助かるのが、「家具の拭き掃除」も無料でやってくれるという点。
引越し作業で家具を動かした時、ホコリを拭き掃除してくれるんですよ。すごく助かっています。

引っ越し 単身 料金

 

単身プランであっても無料で段ボールなどの梱包資材を回収しにきてくれるっていうのは、実はすごいポイントなんですよ。
また後日、家まで来てもらうわけですからね。

 

こういうしっかりした対応をしてくれる業者なので、引越し会社オリコン顧客満足度ランキング、4年連続1位です。
僕としてはアート引越センターに出会って以来、ずっとアートで引越しをしています。それぐらいオススメ業者です。

 

日通(日本通運)
日通の単身パックのBOXは、Sサイズが1.23m³、Sの1.6倍のLサイズが1.96m³です。

また、地域は限定されますが鉄道コンテナに自分も一緒に乗車し、運んでくれるXサイズ5.88m³のプランもあります。
3位にしているクロネコヤマトもBOXサイズは選べるのですが、正直通常のBOXとminiBOXとではサイズも値段もあまり変わらないです。
日通の単身パックの場合も、SとLの値段差はそんなに大きくありませんが、荷物の量はかなり変わるのでLがオススメです。
また、Sサイズには100万円の運送保険が、Lサイズには150万円、Xサイズには300万円の運送保険が付いているので安心出来る引越し業者だと思います。
梱包資材や使用済み資材の回収は別料金になっているので注意です。

荷物の容量制限 移動距離制限 おすすめ度
専用BOX・3つの大きさから選択 特に制限無し 引っ越し 単身 料金

 

日通の引越しに、「単身パック当日便」というパックもあるのですが、条件が適用になる方なら大変料金がお安い単身引越しが出来るのでオススメです!
車で30分程度の距離で作業時間が4時間で終わるような引越しの場合、このプランが適用になります。
単身パック当日便の場合、なんと梱包資材も無料で貰えます。

引っ越し 単身 料金

 

ハンガーのまま衣類が掛けられるハンガーボックスなどの梱包資材も無料でレンタル出来るので、荷造りの手間が軽減されてオススメです。
他の単身パックと違い、梱包資材の回収も1回無料でついているので、他プランよりもすごくお得に単身引越しが可能となります。
ただ、新居と旧居の間が30分程度の距離、というが絶対条件なので、適用になる方は少ないかもしれないですが、一応念頭に入れておいて下さい。

 

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
クロネコヤマトの宅急便がやっている引越し部門です。単身引越専用のBOXに荷物を積んで運びます。

この専用BOXに入りきる引越しの場合、安価に引越しが出来るのでこれから新居で家具家電を買い揃える単身引越にすごくオススメです。
また、「連続する5日間を希望日として設定し、最終的にいつ引っ越すかはクロネコヤマトにお任せ」という「おまかせフリー便サービス」というちょっと変わった引越しのコースもあります。
このコースを選んだ場合、なんと引越しの基本料金を半額に割り引いてくれるので格安引越しが出来ますね!
その5日間はいつ引越しが入っても良いように予定を調整しなくてはいけないのがネックですが、時間に余裕のある方は検討の価値アリと僕は思います。
梱包資材は3,200円で購入になります。

荷物の容量制限 移動距離制限 おすすめ度
専用BOX(1.83m³) 特に制限無し 引っ越し 単身 料金

 

クロネコヤマトの引越しは、宅急便で培ったネットワーク、拠点の多さが最大限活かされる引越しだと言えると思います。
専用BOXに1つの引越し先への荷物をまとめてしまうので、トラックの空きスペースに他の荷物を入れて一緒に運ぶ事も簡単に出来ます。
1つの引越しに1つのトラックを専有しないので、非常に効率のよい引越しが出来るわけです、業者から見てですが。
その分経費が削減出来るので、引越価格も抑えられる、というのがクロネコヤマトの売りだと僕は思います。
関東エリア以外の同一市内引越しであれば、なんと14,000円で引越しが出来るというのが嬉しいですね。
(※引越し時期や地域でも価格は違うので、詳しくは見積もりを取って下さい

 

単身プランの場合、引越しで使った段ボールなどの回収には3,000円必要になってくるのがちょっと難点です。
僕はやはり回収はお願いせず、段ボールのごみの日に出してしまいますね。

単身引越し料金が安いのはどこ?

結論を申し上げますとサカイ引越しセンターが断然安いです。
しかも、接客もいいのでおすすめです。

 

上の3社じゃないので「あれっ?」

と思ったかたもいるはずです。

 

非常に素晴らしい会社なのですが、
問題が・・・・ちょっと料金が高めの傾向にあるんですよね。。

 

なのでコストパフォーマンスを考えると業界大手のサカイが一番おすすめという訳です。

 

ただ、私はアート引越センターとも相性がいいので、アートかサカイのどちらかにすることが一番多いです。

その単身引越しの料金を、あと5,000円安くする方法とは?

僕のオススメ引越し業者をご紹介しましたが、今度はどこの業者で引越しをすれば料金が安いのか、という点です。
僕が引越しする時絶対活用している、引越し価格をグッと安くする方法を最後まで読んで下さったあなたにお伝えします。

 

それは、無料の「一括見積りサイト」を利用する、ということ!
たったそれだけで、あなたの引越し料金が更に5,000円引きになるかも、しれません!

 

 

一括見積りサイトってなに?

一括見積りサイトとは、200社を超える引越し業者が提携している、見積もり依頼サイトです。
こういうサイトが出来るまでは、見積もり比較する為に1社1社引越しの内容を伝え、見積もりを出して貰っていました。
が、このサイトを利用すると、最大10社の引越し業者に、一斉に見積もり依頼を出すことが出来るんです。
つまり、1回だけ引越しの状況(荷物の量や引越し時期、距離)を入力すれば、その内容でいろんな業者の見積り料金が確認出来るということ!

 

単純に料金が低い業者をピックアップする事にも使えますが、それよりも、もっともっと大きなメリットが一括見積りサイトを利用すると得られるのです。

 

それは、「業者間の料金競争が起きる」ということ。

 

一括見積りしてきたお客は、当然の事ながら他社の料金と見比べるのが大前提になっています。
そして他社に負けない為に、契約を取りたいと思う業者は価格を安く設定してきますよね。
それこそ、このサイトを利用する一番のオススメポイントなんです。

引っ越し 単身 料金

当然、アートやサカイも複数見積もり含まれているので非常に便利です。

 

無料で、スマホからも簡単に操作が出来ますし、あくまでも「見積もり依頼」です。
価格比較した結果、どことも契約しなくたって問題ありません。
あなたの引越し条件から見た相場がどれくらいの料金なのか、それを確認したい時にも使えるので、引越しを控えている方はお気に入りに入れておいて損は無いですよ。

⇒引越し価格ガイド


問合せ